お知らせ/佐々木核酸科学研究所/鳥類・犬・猫、その他愛玩動物の遺伝子分析

鳥類・犬・猫、その他愛玩動物の遺伝子分析

恐竜の直系子孫=鳥類

0
    羽毛恐竜というのが一般的に知られる前から、
    鳥類は恐竜の進化形と習った。
    骨格の類似、鳥類の足にはウロコの痕跡がある、始祖鳥。
    恐竜は爬虫類と習ったから、
    変温動物 vs 恒温動物、タマゴを産みっぱにするか、抱卵して育雛するか。
    その差異について教えてくれる人はいなかった。ネットもなかったし。
    羽毛恐竜の化石の発見、恐竜のうちの獣脚類の研究により、
    恐竜のうち、獣脚類のあるものから羽毛恐竜が進化し、
    羽毛恐竜のあるものが隕石衝突から生き残り、
    鳥類になった。

    鳥類のオスメス分析をしていてギモンに思ったのは、
    鳥類の性決定はZZがオス、ZWがメス。
    現存爬虫類の性決定は染色体型で決まるタイプと、
    孵化までの積算温度で決まるタイプがある。
    後者はとてもいい加減で、
    カメはタマゴに性ホルモン塗布すると、
    狙った性別になるそうだ。

    魚類はさらにいい加減で、
    1個体が生涯でオスになったりメスになったり。

    このことから、染色体決定型の恐竜の獣脚類が、
    鳥類の共通で直系の先祖であったのだろう。

    哺乳類はそれらと系譜を異にする。
    隕石衝突、それに伴う気象変動で、
    環境適応性がいい種類または、
    たまたま生き延びたものの1つが哺乳類。
    染色体型で性決定するが鳥類と逆。

    進化というと今を頂点に、1本すじで教わったりするが、
    そんなことはなく、種の多様性ならカンブリア紀がMAXだし、
    たぶん、魚類〜両生類〜恐竜〜鳥類は1流に近いっぽいが、
    哺乳類はどっかの傍系。
    そー言えば昆虫は?
    世間を騒がすウィルスは?

    地球は案外、雑居っぽい。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    categories


    早くて高精度なDNA分析

    早くて高精度なDNA分析

    ●PCR法/2連3反復の分析
    ●最速で翌日。2日以内に速報を通知します。

    ※受領の翌日には電話・FAX・メールなどのご希望の方法で速報をお知らせいたします。
    反復分析で結果確定後「遺伝子分析報告書」を作成し郵送いたします。(検体の状態、分析項目、混み具合によりましては、よりお時間をいただくこともあります。)

    selected entries

    search this site.

    others

    小鳥の設計図