お知らせ/佐々木核酸科学研究所/鳥類・犬・猫、その他愛玩動物の遺伝子分析

鳥類・犬・猫、その他愛玩動物の遺伝子分析

有核赤血球

0
    血のはなしです。
    赤い血は酸素を運ぶ赤血球です。

    我々哺乳類の赤血球には核がありません。
    理由はぐぐるか知恵袋かwikiあたりに普通に書いてあると思われます。

    さて、恐竜の直系子孫の鳥類では、
    赤血球に核があります。

    核は染色体の塊であり、すなわち遺伝子の塊です。
    弊社で承る検体のうち、この赤血球(≒血液)系は、
    (1)多くの遺伝子が
    (2)きれいに
    (3)短時間で調製できます。
    調製した遺伝子はそのまま遺伝子分析のステップに使いますので、
    結果が出るまでの時間が非常に短縮できます。

    ちなみに抜いた羽検体では、
    遺伝子調製に1晩かかりますので、
    時間短縮の改変を施す余地がなく、
    結果が出るまでに要する時間が血液系検体より1日長くなります。

    もし隕石激突で恐竜が大絶滅していなければ、
    性決定も哺乳類とは逆で、
    赤血球には核があり、
    羽毛がある生物が普通に進化したかも知れません。

    中型以上のインコ、オウムは人とコミュ力が高いですし、
    野生でもカラスなどはその知能の高さゆえ問題行動がニュースになります。

    かろうじて生き残った末裔でこうなので、
    たぶん、知能が高い恐竜系進化は
    案外たやすかったろうなと思います。

     

    コメント
    コメントする








       

    categories


    早くて高精度なDNA分析

    早くて高精度なDNA分析

    ●PCR法/2連3反復の分析
    ●最速で翌日。2日以内に速報を通知します。

    ※受領の翌日には電話・FAX・メールなどのご希望の方法で速報をお知らせいたします。
    反復分析で結果確定後「遺伝子分析報告書」を作成し郵送いたします。(検体の状態、分析項目、混み具合によりましては、よりお時間をいただくこともあります。)

    selected entries

    search this site.

    others

    小鳥の設計図