お知らせ/佐々木核酸科学研究所/鳥類・犬・猫、その他愛玩動物の遺伝子分析

鳥類・犬・猫、その他愛玩動物の遺伝子分析

アキクサインコのイノ遺伝子分析完成

0
    アキクサインコの品種のうち、ルビノー、ルチノーは黒い色素が完全に消え、
    小型インコで唯一、オレンジ、ピンク系の色合いを持ちます。

    ルビノー、ルチノーの色合いにする遺伝子をイノ遺伝子と呼び、
    イノ遺伝子は性染色体Zにあります。

    ルビノー、ルチノーのブリードには、
    イノ遺伝子をスプリットで持つオスが重要ですが、
    ローズspイノとローズは、外見上区別が付きません。

    もちろん、その両親をきっちり管理したブリードであれば、
    両親情報とヒナの性別により識別できます。

    しかし、異血を外から入れる場合、ローズオスがspイノなのかどうかは、
    そのオスを誕生させたブリーダーの信頼度に依存します。

    また、自家繁殖でも、多くのペアをブリードした時など、
    うっかりどこのヒナか混ざってしまうこともあり得ます。

    当研究所では、世界にさきがけ、アキクサインコのイノ遺伝子分析が可能となりました。
    学術論文にまとめ、リリースしていく予定ですが、
    実際の分析依頼にも対応可能ですので、
    是非ご用命ください。


    ローズspイノ

    コメント
    コメントする








       

    categories


    早くて高精度なDNA分析

    早くて高精度なDNA分析

    ●PCR法/2連3反復の分析
    ●最速で翌日。2日以内に速報を通知します。

    ※受領の翌日には電話・FAX・メールなどのご希望の方法で速報をお知らせいたします。
    反復分析で結果確定後「遺伝子分析報告書」を作成し郵送いたします。(検体の状態、分析項目、混み具合によりましては、よりお時間をいただくこともあります。)

    selected entries

    search this site.

    others

    小鳥の設計図